サイト内コンテンツ

たんぱく質や、微量栄養素が豊富な緑黄色野菜を、積極的にとりましょう。さらに、口からとった栄養を、消化吸収して肌まで届けるために、胃腸を健康にして、全身のめぐりをよくしておく必要があります。
readmore

体重の1割近くを占めるといわれています。皮膚の役割は、からだの内側にあるものを包み込んで守ること。人間のからだは、皮膚という大きな1枚の袋に包まれることで、
readmore

水洗顔にはまった理由、お話ししましょう子どものころは、学校にいくと先生から「みんな、顔洗ってきた?」と聞かれたりして、顔を洗わないのはわるいことのように思っていました。
readmore

お肌を潤わせる食生活

たんぱく質や、微量栄養素が豊富な緑黄色野菜を、積極的にとりましょう。 さらに、口からとった栄養を、消化吸収して肌まで届けるために、胃腸を健康にして、全身のめぐりをよくしておく必要があります。 冷たいものを食べて胃腸に負担をかけたり、からだを冷やすのはなるべく避けたいところです。 人間は、長い歴史のなかで、知らず知らずにそのことをわかっていて、コース料理でメインディッシュの前にあたたかいスープを飲んだり、ビールを飲む前にお通しを食べて胃の冷えを防いだりと、自然に工夫しています。

肌は、いってみれば内側の臓器を守るために外側でがんばっているとりで砦。臓器が弱ると、それを肌がフォローします。 たとえば、便秘で体内に老廃物がたまると、吹き出物という形で、肌から排出しようとします。 肌を元気にしたいなら、内側から健康にならないとダメなのです。 いろいろな人をみていても、胃腸が元気な人は、肌が丈夫。 年齢にかかわらず、皮膚に弾力があって、少々の乾燥や刺激には負けない印象の肌をもっています。 だから、一生美肌を目指すなら、外側からのケアだけでなく、内側からのケアにもきちんととり組んで!

じつは、お風呂あがりの肌は入浴前よりも乾燥しています。 お風呂からでたら即保湿を湯気がほんわりと立ち込めるお風呂は、肌がしめってうるおっているように感じます。 けれどイメージとはうらはらに、お風呂は肌を乾燥させる要注意スポットです。

まず、あたたかい蒸気は、肌を乾燥させます。水分が肌から蒸発するときに、皮脂もいっしょにとんでいってしまうのです(だから、蒸しタオルを顔にのせるのも、おすすめしません)。 また、アブラはあたたかくなると溶ける性質をもっているので、長湯をすると、皮脂が溶けて流れてしまいます。 お風呂からあがると肌がかゆくなったりするのはそのため。 お風呂からあがったら、すぐにクリームを塗って顔もからだも保湿するようにしましょう。

ちなみに、髪を洗うときなどにかかるお湯でも、顔の皮脂は流れてしまいます。 メークを落とすのはお風呂あがりにしたほうが、肌のためにはよいのですが、メークを落としてから入浴するときは、必ずクリームで肌を保護してください。

唇がかわくのは、脱水症状のサイン!肌はすでに砂漠状態です

人間のからだは、約7割が水分でできています。皮膚というのは、その水分を包み込んで守る「バリアの袋」。 優秀な機能をもった表皮(そのなかのいちばん外側の層が角質層)や真皮が、皮膚から水を1滴ももらさないように包み込んでいるのです。

ちなみに唇は、角質層が極端に薄くほとんど膜のような状態で、からだの内側が、むきだしに近い形でみえているパーツです。 だから、唇がかわいているということは、からだの内側が脱水している証拠。 肌の内部も唇と同じように乾燥しています。すぐに保湿しましょう。

体内の水分は、呼吸をしているだけでも失われていくので、日中はこまめに水分補給を。 少なくとも8分に1回は、水を飲んでください。 とくに、お酒を飲んだあとは、アルコールを分解するために体内の水分を使うので、いつもより多く水をとる必要があります。

足がつるのも、水分不足のサインなので、たっぷりと水分を補給してください。 そういうときは、スポーツドリンクがおすすめです。

ピックアップページ